とても有名なネコちゃんの伝染病です。

ネココロナウイルスに感染し、ウイルスが病原性を発する(突然変異する)ことで発症します。

一度発症すると封じ込める(ウイルスが身体に悪影響を及ぼさないよう抑え込む)事は困難で、多くの場合死に至ります。

強い病原性により腹水・胸水がでるタイプ『ウェットタイプ』と、病原性が比較的弱い『ドライタイプ』があります。

ウェットタイプは封じ込めるのが特に難しく、徐々にネコ体力を奪っていきます。

コロナ禍でペットを飼っていない人にもネコ伝染性腹膜炎の知名度が上がっているようです。

ただし、近年治療薬が登場し、治療に一筋の光が見えてきました。MUTIAN(ムティアン)国内では流通しておらず獣医師でも一般ルートでは入手できません。

個人輸入によってお薬を配置している病院もありますので、『MUTIAN(ムティアン)、動物病院』で検索して見てください。

また、症状の緩和、ウイルスの封じ込め手段としてシクロスポリン、抗真菌薬、ステロイドを使用する事が多いのですが、効果は症例毎に違うと思います。

当院での治療では、高用量のシクロスポリン投与を行うのが最も効果的な印象です。
ドライタイプでは高用量シクロスポリンによって完治する事例も報告されています。
投薬が困難な場合、持続性ステロイド注射治療を行います。
整腸剤を併用することも多いです。
ただし、いずれの治療を行っても完治するケースは少なく、1~2ヶ月でお迎えが来てしまうケースが多いです。