ブログ

避妊・去勢手術について

小手指ペットクリニック 2016年12月15日 - 17:12:39

避妊・去勢については診察のみならず、電話でも多く問い合わせがあるので、簡単に説明します。

ワンちゃん、ネコちゃんの避妊手術は卵巣及び子宮を、去勢手術は精巣を手術で切除します。動物病院によって手法は若干異なります。
  

【メリット】

①繁殖防止
②疾病予防(雄では肛門周囲腺腫、会陰ヘルニア、前立腺疾患、精巣腫瘍の予防。雌では乳腺腫瘍、卵巣・子宮疾患の予防)
③QOL(Quality Of Life)の向上(発情によるイライラ、外陰部からの出血、マーキング行動、攻撃性等がなくなり、人との関係がより快適に保てる)

【デメリット】

①手術で切除した性腺(精巣、卵巣)はかえって来ない。
②全身麻酔のリスク
③体質が太りやすくなる

トリミング♡

小手指ペットクリニック 2016年12月13日 - 17:12:02

 

 

こんにちは!

今日から雨マークですねえ(/_;)

きっと明日はひえこみますね~

防寒対策ばっちりしなくては~!!

 

 

コーギーのクーちゃんです♡

いつもカメラ目線がばっちりなくーちゃん\(^o^)/

ずーっと扉の前でお母さんのお迎えをまっていました♡

マラセチア性皮膚炎

小手指ペットクリニック 2016年12月09日 - 18:12:33

9歳のシーズー、元気なオスのワンちゃんが来院しました。

1年半前から皮膚炎があり、体臭、フケ、痒みがひどくなったなったとの事でした。

皮膚の発赤、肥厚、脱毛が著しく、皮膚を検査したところ、細菌が多数確認され、薬の内服及び抗菌シャンプーの治療を始めました。

治療開始から2週間で皮膚の赤み、フケ、体臭の改善が見られ、治療開始1ヶ月で皮膚の痒みが落ち着き、広範囲で発毛が見られました。

皮膚病の落とし穴ですが・・・痒みがなくなって治ったように見えても、皮膚病は完治していないことが多々あります。完治しないケースのほうが多いかもしれません。

この子の場合、11月24日(史上初の11月に積雪!!)に診察予定でしたが、積雪で診察が延期となり薬を飲まず1週間経った状態が次の写真です。

ホテル♡

小手指ペットクリニック 2016年12月09日 - 16:12:58

 

最近長期ホテルでご利用に来ていただいた子達の

様子をご紹介したいと思いまーす\(^o^)/

 

院内探索して落ち着いたこじちゃん~♪

 

カット中うとうと~♪

 

シニア犬のももちゃんとミルクちゃん♡

トリミング♡

小手指ペットクリニック 2016年12月08日 - 17:12:43

 

 

こんにちは!

なかなかブログの更新ができなくて、、、

おまたせしました!!(笑)

 

年末のご予約まだ空きがありますので

ご連絡おまちしておりますね\(^o^)/

 

ロングチワワのマロンちゃん♡

犬の膀胱・尿道結石の一例

小手指ペットクリニック 2016年11月28日 - 19:11:08

8才のワンちゃんが、昨日から尿が出ずに元気がないとのことで来院されました。

レントゲンを撮ると、膀胱内に7個程度、尿道に3個(ペニス先端から10cmに2個、13cmに1個)の石が詰まっており、膀胱はパンパンな状況でした。

ワンちゃんは立つことが辛く、座り込んでしまう状況で、一般状態が悪く感じられました。お家では嘔吐が見られたとのことでした。

「オシッコが出ない・出にくい」という症状をワンちゃんネコちゃん問わずよく耳にしますが、軽視してはいけません。

このワンちゃんは幸い後遺症などありませんでしたが、致命的な影響が残る事もありますので早急に対応しましょう。

歯磨き教室

小手指ペットクリニック 2016年11月26日 - 18:11:06

当院で11月中に3回、歯磨き教室をしましたので、内容をご紹介します。

2016年11月10日(木)、17日(木)、24日(木)に同じ内容で開催しました。

【内容】

・あいさつ

・歯磨きのしかたについて動画鑑賞

・デモンストレーション犬の模範

・口腔内衛生チェックシートで細菌チェック

・歯ブラシ+歯磨きジェル で歯磨き実習

・質問など

トリミング♡

小手指ペットクリニック 2016年11月24日 - 15:11:23

 

 

こんいちは!!

初雪ですね~♡

こてつでお鍋にみかん日和りですよ~!!

 

い~ぬは喜び庭駆け回り

ね~こはこたつで丸くなる♪

 

 

M.ダックスとT.プードルのミックス♡もこちゃんです♡

はじめましてだったモコちゃん♡

とっってもおとなしくてお利口さんでした♡

 

猫の抜歯処置

小手指ペットクリニック 2016年11月19日 - 19:11:13

犬も猫も口腔疾患を抱えるケースは非常に多いです。

歯磨き習慣のある『人』でも歯周病の完治は難しいと言われています。まして、歯磨き習慣のない『動物』の口腔疾患は悪化の一途をたどる傾向があります。

デンタルケアは口腔疾患の悪化緩和に有効ですが、継続は力なり。一度ついた歯石を除去したり、病変のある歯周組織を再生させる効果は望めません。

口腔疾患が悪化し、歯根の炎症が原因で顔や顎の腫れる。歯が痛くて食欲がなくなる。というワンちゃんネコちゃんがよく診察にいらっしゃいます。

歯周病を診察・治療する中で、原因となる歯を抜く事があり、その数例をお示しします。

・ネコの17才、ミックス避妊メス

トリミング♡

小手指ペットクリニック 2016年11月15日 - 15:11:30

 

 

 

 

こんにちは!

最近、当院ではデンタルケアに力をいれています!

そこでトリミングでもハミガキを取り入れることにしました( ´ ▽ ` )ノ

小型犬 ¥500〜

中型犬 ¥1000〜

*性格や汚れの付着具合によって異なります。
 歯の状態によっては治療をおすすめする事もあります。 


歯周病予防をしっかりしていきましょう( ^ω^ )

 

 

それではわんこたちのご紹介です( ´ ▽ ` )ノ

ページ