小手指ペットクリニックさんのブログ

トリミング♡

小手指ペットクリニック 2017年02月15日 - 18:02:50

 

 

こんにちは(*^_^*)

最近はあったかくて気持いですね~♡

おととい布団干したのに今日もほしちゃいました(笑)

それではわんこたちのご紹介をさせていただきます~\(^o^)/

 

T.プードルのチョコラちゃん♡10か月

 

猫の舌炎

小手指ペットクリニック 2017年02月10日 - 19:02:14

あまり遭遇した事のない症例でしたので紹介します。

2歳のネコちゃんが突然、元気、食欲がなくなりヨダレを垂らしている。とのことで来院されました。

熱が41℃!!(体の組織が死に始める高温です。)

お口を確認すると、舌先端が真っ赤に!!

 

血液検査で大きな異常はなく、ウイルス感染を疑い治療を開始しました。

舌炎の原因は

1 化学物質

2 ウイルス感染

3 尿毒症などの代謝障害

4 自己免疫性疾患

5 腫瘍

6 機械的損傷

を考えていく必要がありますが、全身症状、血液検査結果を勘案してウイルス感染(カリシウイルスかな・・・)を疑いました。

猫の出産兆候(破水)

小手指ペットクリニック 2017年02月10日 - 17:02:39

こんにちは

1月頃から猫の発情、避妊手術について相談を受けることが多く、

また、2月、3月は『気付いたらウチの猫のお腹が大きくなっていた!!』など

出産・繁殖に関する患者さんが時々いらっしゃいます。

お話をうかがうと意図しない、望まない出産・繁殖であるケースが度々見受けられますので

生後3,4か月頃から避妊、去勢手術についてしっかり考えていきましょう。ワンちゃん、ネコちゃんも概ね6か月程度で性成熟を迎えます。避妊、去勢手術の推奨時期は獣医師により多少差はありますが早すぎることはあまりありません。当院では避妊、去勢手術とも6か月程度を推奨しています。電話でも、ワクチン接種時のついででもかかりつけの動物病院に相談してみてください。

さて、上のレントゲン写真は1歳半のネコちゃんが出産兆候(破水?)を呈し来院され、レントゲン検査、超音波検査を行った際のものです。
胎児がまだ未熟で出産に踏み切るにはまだ早い状況でした。

トリミング♡

小手指ペットクリニック 2017年02月09日 - 9:02:15

 

 

こんにちは♪

今日は寒いですね(T_T)/

雪が降らないといいのですが。。。

 

それではわんこさんたちの紹介です(*^_^*)

 

シーズーのビンゴちゃん♡13歳

 

トイプードルのチョコラちゃん♡10カ月

 

トリミング♡1月

小手指ペットクリニック 2017年02月08日 - 10:02:58

 

 

大変ためこんでしまいました(/_;)

申し訳ございません

1月のわんこさんにゃんこさん達のご紹介です!

 

イングリッシュセターのるいちゃん♡9歳

 

Mダックスのライタくん♡15歳

 

バーニーズマウンテンドッグのラグナちゃん♡2歳

 

脾臓の結節性過形成

小手指ペットクリニック 2017年01月26日 - 19:01:56

14才、メスの柴犬が食欲低下と歩行時のふらつきの症状で来院されました。

血液検査では、炎症所見と肝臓パネルの経度上昇が見られ、腹部超音波検査で脾臓の腫大がありました。

 

脾臓が腫れ、膨らむ病変がある際には良性、悪性問わず病変が破裂し大量出血の可能性があるため、手術が必要です。

入院していただき、点滴・注射を開始し、翌日手術することに。

開腹すると腫大した脾臓がすぐに確認でき、全貌を確認したのち脾臓摘出をスタートさせました。

出血に注意し、流入する血管を結紮していきます。

トリミング♡

小手指ペットクリニック 2017年01月17日 - 11:01:05

 

 

あけましておめでとうございます!

年末年始バタバタしてしまって(T_T)/

やっと落ち着いてきました(/_;)

あいさつが遅くなってしまいましたが今年も宜しくお願いいたします(*^_^*)

 

去年の年末のワンこさん達からご紹介いたします!

柴犬のハッピーちゃん♡  シャンプーコース+ハミガキ

 

シーズーのリッキーちゃん♡ シャンプーコース

 

トリミング ポイントカード

小手指ペットクリニック 2016年12月23日 - 16:12:59

 

 

こんにちは\(^o^)/

 

今更なのですが、、、(笑)

遂にポイントカード作製いたしました☆ミ

 

 

そしてそして

 

ご紹介カードも!!

 

 

 

トリミング♡

小手指ペットクリニック 2016年12月20日 - 16:12:30

 

 

年末は大掃除やら忘年会やらで忙しい季節ですね~

私はお酒お酒お酒の日々を送っております(笑)

日曜日は前の職場のお手伝いをさせていただいて

その後お食事をしてきました♡♡

かに!!!(笑)美味しかったです(笑)

 

終始トリミングの話や犬猫の話をしてて私もまだまだだと

お勉強させていただいてきました!

 

 

避妊・去勢手術について

小手指ペットクリニック 2016年12月15日 - 17:12:39

避妊・去勢については診察のみならず、電話でも多く問い合わせがあるので、簡単に説明します。

ワンちゃん、ネコちゃんの避妊手術は卵巣及び子宮を、去勢手術は精巣を手術で切除します。動物病院によって手法は若干異なります。
  

【メリット】

①繁殖防止
②疾病予防(雄では肛門周囲腺腫、会陰ヘルニア、前立腺疾患、精巣腫瘍の予防。雌では乳腺腫瘍、卵巣・子宮疾患の予防)
③QOL(Quality Of Life)の向上(発情によるイライラ、外陰部からの出血、マーキング行動、攻撃性等がなくなり、人との関係がより快適に保てる)

【デメリット】

①手術で切除した性腺(精巣、卵巣)はかえって来ない。
②全身麻酔のリスク
③体質が太りやすくなる

ページ