タオルケットを誤食したワンちゃん

小手指ペットクリニック 2018年01月19日 - 20:01:55

こんばんは

寒い日が続きますので、飼い主の皆様もペットの皆様もお身体に気をつけてくださいね。

今年もインフルエンザ流行の季節ですね。ネコのインフルエンザが人に伝染する というニュースご覧になりましたか?

今までインフルエンザには『動物種の特異性』があり、ヒトはヒト。トリはトリ。ネコはネコ間で伝染するが、『異なる動物種では基本的に伝染しない。』という考えが主でしした。しかし濃厚接触によりトリ⇒ヒト、ネコ⇒ヒトの感染が指摘されています。今のところ感染頻度は低いようですが、今後ウイルス変異が起き他動物種のインフルエンザがヒトの脅威となるかも・・・と考えると恐いですね。

さて、先日『タオルを食べてしまった』というワンちゃんが来院されたので紹介します。

食欲旺盛、元気な2才のワンちゃんです。

お昼過ぎにフリース生地のタオルケットを40cm×40cm程度食べてしまい、一部吐き出した。とのことで夕方に来院されました。

飲み込んだタオルが腸に詰まる可能性、タオルの線維が腸内で引っかかる可能性をお話しました。

ワンちゃんの身体検査では大きな異常はありませんでした。

超音波でお腹を見るとまだ胃の中にタオルらしき異物があったので、吐かせる処置をすることになりました。

食べたであろうタオルケットの1/3を吐き出してくれました。来院前、飼い主さん宅で吐いたものと合わせると2/3は出てくれました。

残りの1/3は未だ回収できていませんが、超音波検査で腸内に詰まっている所見はありませんでしたので胃腸薬を処方して一応終了としました。

【異物誤食】

ワンちゃんは焼き鳥の串、リンゴ、飼い主の靴下など パッと食べてしまいます。

ネコちゃんはビニール袋、毛糸を舐めて味わって?・・・飲み込みます。

いずれも腸に詰まって大惨事に繋がる可能性があります。

飲み込んだ物、経過時間、動物の状況によって検査、処置は大きく異なります。

食欲旺盛な子は特に・・・異物誤食が疑われる際には先ず動物病院へ電話!!そして危険性があれば早めに動物病院へ連れて行ってあげてくださいね。